木下史青

<< プロフィール >>

 

1965年,東京都生まれ。展示・照明・環境デザイナー

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程環境造形デザイン専攻修了。

現在,独立行政法人国立文化財機構 東京国立博物館 デザイン室長。

1998年より日本で初めての博物館専属の展示デザイナーとして勤務。

     「国宝 平等院展」「国宝 阿修羅展」など数々の企画展の展示デザインを手がける。

2004年,「東京国立博物館 本館 日本ギャラリー リニューアル」で,平常展示のリニューアルデザインを担当し,平成18年度日本デザイン学会年間作品賞を受賞。

著書『博物館へ行こう』(岩波書店)

共著書『昭和初期の博物館建築』(東海大学出版会)

 

展示デザイン

1999年 平成館開館記念特別展 「金と銀-かがやきの日本美術-」東京国立博物館平成館

1998年  特別展観 ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」東京国立博物館特別第5室

2000年  特別展観 「土器の造形 縄文の動・弥生の静」東京国立博物館平成館

2000年  特別展「開創950年記念 国宝 平等院展」東京国立博物館平成館

2002年  特別展「横山大観 その心と芸術」東京国立博物館平成館

2002年  没後500年特別展「雪舟」東京国立博物館平成館

2002年  創立130周年記念特別展「江戸蒔絵展」東京国立博物館平成館

2005年  特別展「唐招提寺展」東京国立博物館平成館

2005年  特別公開「中宮寺・国宝菩薩半か像」東京国立博物館本館特別5室

2005年  「北斎展」東京国立博物館平成館

2006年 「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」2006年東京国立博物館平成館

2008年  平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」東京国立博物館平成館

2008年 「自在置物—本物のように自由に動かせる昆虫や蛇—」東京国立博物館本館14室

2009年  興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」東京国立博物館平成館

 

東京国立博物館 景観照明デザイン「本館・表慶館・黒門」

東京都・江戸開府400年事業の一環として、東京国立博物館の重要文化財である本館・表慶館・黒門のライトアップ事業を実施

 

【 事務局 】

福島現代美術ビエンナーレ実行委員会

〒 960-1296 福島県福島市金谷川1

福島大学  芸術による地域創造研究所

TEL / FAX:024-548-8226

MAIL   :fuku2016bien@gmail.com

Copyright ©  Fukushima Biennale 2016 All rights reserved

Designed & Made by 株式会社ケミットジャパン