舘形比呂一

(舞踏家・振付師・俳優)

<< プロフィール >>

 

1985年以来、ジャンルを問わず舞台や映画で活躍。1994年より「THE CONVOY SHOW」のメンバーとしても活躍している。『大野一雄フェスティバル』『福島現代美術ビエンナーレ』『霧島アートの日』『二科展』等のアートイベントへの招聘機会も多い。出演作品は『幕末純情伝』『飛龍伝』(つかこうへい作・演出)、『ハムレット』、ミュージカル『ファウスト』、谷桃子バレエ団『眠れる森の美女』(ゲスト)、映画『GOGOイケメン5』、『サイドライン』、『TOKYO TRIBE』(園子温監督)など多数。日本・イスラエル国交事業としてイスラエルにて上演された舞踏劇『Rokujo』では主演を務め、その圧倒的な表現力が高く評価された。また、三田佳子主演『スーベニア〜騒音の歌姫〜』や十朱幸代朗読劇『華岡青洲の妻』などの振付やステージングも手がける。舞台以外では、シンクロナイズドスイミング日本代表、乾友紀子選手への振付と演技指導や、ソシアルダンサーへの演技指導など活動の場は広い。

 

【 事務局 】

福島現代美術ビエンナーレ実行委員会

〒 960-1296 福島県福島市金谷川1

福島大学  芸術による地域創造研究所

TEL / FAX:024-548-8226

MAIL   :fuku2016bien@gmail.com

Copyright ©  Fukushima Biennale 2016 All rights reserved

Designed & Made by 株式会社ケミットジャパン