長澤伸穂

<< プロフィール >>

 

◆作家略歴

東京出身、ニューヨーク在住。幼少期に4年程オランダで過ごし、日本の高校を卒業後、オランダの芸術アカデ ミー、ベルリン芸術大学、カリフォルニア・インスティテュート・オブ・ジ・アーツで美術と理論、そして音楽教育を受ける。現在、 ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校美術学部教授。同大学院ディレクターを務める。愛知県常滑で行った 地元住民を巻き込む野焼きのアースワークプロジェクトを始め、世界各地で数多くパブリックアートやインスタレーションを手がけている。場所の地域性、気候、風土、歴史をリサーチし、その場にしかないものをつくることを得意とする。JAPAN牛窓国際芸術祭(1988)、バングラデシュアジアビエンナーレ(2002)、越後妻有トリエンナーレ(2003)、アラブ首長国連邦ビエンナーレ(2003)、アレキサンドリアビエンナーレ(2002/2004/2016)、トルコビエンナーレ (2006)、瀬戸内国際芸術祭(2013)などの芸術祭に参加し、精力的に制作を続けている。2011年震災後、福島ビエンナーレには3回出展。2013年に「芸術研鑽と創造の最高賞」をニューヨークで受賞、パブリックアートの分野でも受賞歴が多く、1998年にはパブリックアートのデザイン最高賞をロサンジェルスで受賞、2004年と2016年には「建築とパブリックアートのデザイン最優秀賞」 をニューヨーク市長から受賞している。

【 事務局 】

福島現代美術ビエンナーレ実行委員会

〒 960-1296 福島県福島市金谷川1

福島大学  芸術による地域創造研究所

TEL / FAX:024-548-8226

MAIL   :fuku2016bien@gmail.com

Copyright ©  Fukushima Biennale 2016 All rights reserved

Designed & Made by 株式会社ケミットジャパン