小松美羽

<< プロフィール >>

 

◆作家略歴

新進気鋭の若手アーティスト・小松美羽(こまつみわ・1984‐)。特徴的な描線から独自の死生観を描き出した作品を制作する一方で、その端正な顔立ちから「美しすぎる銅版画家」として、各種メディアで話題を呼んでいる。近年では、アクリル、水墨画など多様な材料を駆使した絵画制作や、着物の衣装デザインや有田焼への絵付け、灯籠など、幅広い分野に独創的で豊かな美意識を刻み続けている。しかし彼女の想像の源泉には、いつも里山の自然やふるさとの昔話など、地域に根差した土着のエネルギーが脈打っている。今回、福島県二本松市の智恵子の生家では、小松美羽の生命力あふれるエネルギーによって、新たな智恵子の世界が創出される。

 

略歴

1984 長野県生まれ

2004 女子美術大学短期大学部卒業、女子美術大学優秀作品賞

2005  大学版画展(町田市立国際版画美術館 12/3~12/18)

2009  雑誌「Value creator」表紙担当(2012年4月号まで継続)

    阿久悠トリビュートアルバム『Bad Friends』、『歌鬼3』のジャケットと挿絵を描く。

2010 「TOKYO CHARACTERS COLLECTION」青山スパイラル 12/18~12/26

    アートフェア「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.3」東京交通会館

2012  個展「神ねずみと唐ねこさま」坂城町 鉄の展示館

    個展「画家の原点回帰」オリンパスギャラリー東京、大阪

    個展「信州からの覚醒と神秘~原点~」北野美術館別館(北野カルチュラルセンター)

   トヨタ キャンペーン「ニッポンコレカラプロジェクト」長野県代表に選出

   フランスCANSON財団開催のPRIXに日本代表で選出。

2013  個展「画家 小松美羽展」 河口湖ミューズ館、富士レークホテル

    京都の老舗着物メーカー京朋とオリジナルの浴衣、振り袖を制作

   「空海劇場2013」大濠公園能楽堂

2014  出雲大社に絵画「新・風土記」を奉納。神祜殿に展示。

    個展「えほん 誰も教えてくれなかった!」彩鳳堂画廊

    個展「画家・小松美羽の夢と挑戦~」上田市立美術館

   「チェルシーフラワーショー」英国王立園芸協会主催/石原和幸氏とコラボレーション(有田焼一対の狛犬)ゴールドメダル受賞。大英博物館所蔵

 

MEDIA/ メディア 日本テレビ「行列のできる法律相談所」「しゃべくり007」、BS朝日「スマートラウンジ」、毎日放送「情熱大陸」など。雑誌「FRIDAY」「FLASH」「週刊SPA!」他多数。

【 事務局 】

福島現代美術ビエンナーレ実行委員会

〒 960-1296 福島県福島市金谷川1

福島大学  芸術による地域創造研究所

TEL / FAX:024-548-8226

MAIL   :fuku2016bien@gmail.com

Copyright ©  Fukushima Biennale 2016 All rights reserved

Designed & Made by 株式会社ケミットジャパン