河口 龍夫

<< プロフィール >>

 

◆作家略歴

1940 兵庫県神戸市生まれ

1962 多摩美術大学絵画科卒業

1974 第1回井植文化賞(文化芸術部門)受賞

1983 筑波大学芸術系助教授

1991 筑波大学芸術系教授                                               1992 「河口龍夫作品集」(現代企画室)刊行

2003 筑波大学芸術系名誉教授

2003 京都造形芸術大学客員教授

2003 倉敷芸術科大学教授

2008 「見えないものと見えるものー」(現代企画室)刊行

2008 第15回日本現代藝術振興賞受賞

1940年、兵庫県神戸市に生まれる。1962年、多摩美術大学美術学部絵画科卒業。65年、グループ「位」を結成。1968年、第1回神戸須磨離宮公園「現代日本野外彫刻展、1971、日本現代彫刻展などに出品。72年、箱根彫刻の森美術館で開催された大賞展で優秀賞受賞。同年のサン・パウロ・ビエンナーレに出品したのを機に海外でも作品発表を本格化し、アントウェルペン国際野外彫刻ビエンナーレ(1975)、インド・トリエンナーレ(1982、ニューデリー)、「前衛芸術の日本」展(1986、ポンピドー・センター)、「ユーロパリア・ジャパン」展(1989、ヘント市立現代美術館)、「大地の魔術師たち」展(1989、ポンピドー・センター)などに発表。 2007年、日本人では初めて同時期、別会場での個展を名古屋市美術館と兵庫県立美術館でそれぞれ開催。タイトルは「河口龍夫-見えないものと見えるもの-」。2008年、宇都宮美術館で「無限への立ち位置-河口龍夫の1970年代」展、発電所美術館で「時の航海」展をそれぞれ開催。2009年、東京国立近代美術館で「河口龍夫展 言葉・時間・生命」が開催された。

【 事務局 】

福島現代美術ビエンナーレ実行委員会

〒 960-1296 福島県福島市金谷川1

福島大学  芸術による地域創造研究所

TEL / FAX:024-548-8226

MAIL   :fuku2016bien@gmail.com

Copyright ©  Fukushima Biennale 2016 All rights reserved

Designed & Made by 株式会社ケミットジャパン