岩根愛

<< プロフィール >>

 

◆作家略歴

1991年単身渡米、カリフォルニア州北部のオルタナティブスクール、ペトリアハイスクールに留学。自然と共に自給自足の暮らしの中で学ぶ。

 

1993年に帰国後、フォトグラファーのアシスタントを経て1996年に独立。

 

フィリピンのモンテンルパ刑務所(2010)、ロシアのニクーリンサーカス(2011)、台北榮民 の家(2012) など、世界の特殊なコミュニティでの取材を続けている。特にハワイの日系文化に注視しながらも、2013年より福島県三春町にも制作拠 点を構え、福島移民を通じたハワイと福島のつながりを追いながら撮影している。

 

 

 

2005  "Dresscode #Seiko", 『Bunkamuraアートショー2005 人工楽園』, Bunkamura ギャラリー, 東京都渋谷

 

2016 "Island in my mind", 『アートで伝える福島の今、未来 in HAMAMATSU』鴨江アートセンター, 静岡県浜松

 

   『FUKUSHIMA SPEAKS アートで伝える福島の今、未来 in NAGAOKA』長岡造形大学1Fギャラリー, 新潟県長岡,

 

   『いいたての… 3人の写真家が捉えた飯館』ギャラリーオフグリッド, 福島県福島市

 

 

 

※企業メセナ協議会GBファンド助成

 

 

 

【 事務局 】

福島現代美術ビエンナーレ実行委員会

〒 960-1296 福島県福島市金谷川1

福島大学  芸術による地域創造研究所

TEL / FAX:024-548-8226

MAIL   :fuku2016bien@gmail.com

Copyright ©  Fukushima Biennale 2016 All rights reserved

Designed & Made by 株式会社ケミットジャパン